人形作りのこと、そして腹の立ったバッグのこと

先日お友達から、手作りのドールピアスをたくさんいただきました。
天然石を使ったもので、とてもかわいく、人形作りに向けて大いにテンションが上がりました。
b0075429_10551657.jpg

天然石はあまり持っていませんが、いただいたのも参考にしつつ自分でもちょこちょこつくてみようかと思います。
先日Tロマンさんにお預けしておいたシュヴロボディーの60cmの大きなブリュも販売していただいたようで、さらにテンション上がり気味です。シュヴロボディーはコンポに比べ、ビスクの手足を付けて組むことから始まり、とても手がかかります。お顔も(コンポのほうもそうですが)、とても丁寧に絵付けをしていて、目のセッティングのワックスは黒く着色してよりアンティーク感を出しています。
買っていただいたおうちに迎えていただけるのはうれしい限りです。

テンション上がったとはいっても先月の退院からまだ1か月もたっていないので、もちろんおとなしめです。普段の生活でも、血管にいいものを調理して食べています。わかめ、酢、葉物野菜、キノコなどで冷蔵庫は常にいいっぱいです。買い物も野菜が多いと荷物が多くなって大変です。
これは昨日の昼食。まったくおしゃれでなくてすみません。お茶はやはり血圧とかに良い胡麻麦茶。
b0075429_1113894.jpg

家にいるときは昼も夜もかなり気を使っていて体調もかなりgoodです。でも外に出ると大好きなタイ料理や、ハンバーグカニコロッケなどを食べてハッピーな食事タイムも過ごしています♪

人間我慢だけじゃね。それでも私はお酒も飲まないし,体型もそれほど上下もなくまあまあキープで、体調もいいのを実感しています。後はウォーキングをもっと増やしたいのですが、ここのところの強風ともう少しすると花粉が舞い散るので順調にいくか…

これは以前に新宿の小田急デパートで色と形がとても気に入って購入したBreeのバッグ。
b0075429_1152518.jpg
確かドイツ製かと。バッグはいろいろ持っているのですぐには使わずこの冬におろして使い始めたところ、裏表とも上の部分に白っぽい汚れのようなものがたくさん。ふいても落ちずよーく見たらなんと小さな傷がいっぱいでした。傷がうんと小さく表面がはがれて白く見えていたのです。
使い始めてから2か月程度で、小田急に持って行って苦情を言ったのですが、その後Breeのほうに出して職人に見てもらうといって戻ってきましたが、なんの対処もなし!!
買ってから保存の間にクリームを塗ってなかったからだとか、傷はサブバッグとかが当たってできたのだろうとか、染色が甘いというようなことはないとか、案の定な的外れな言い訳ばかり。
だって革の弱さ及び染色の甘さしか考えられないのに、、、 もうあきれて言葉も出ません。
何万もするバッグなのに、たかが2か月で使うのもみっともない状態になるなんて。画像では
わかりづらいですがかなりみっともない傷傷状態です。

もう二度とこのブランドのバッグは買わないし、Bree側の対応にもデパート側の対応にも大いに不満が残りました。こんな表面に傷がすぐつくバッグは、Hamanoのバッグに次いでのことです。
Hamanoは返品に応じてくれましたが。
それ以外はほかのどの革のバッグも何年も持っていても何の問題も起こりません。
バッグに詳しい友人によると、外国の高いバッグはそういう問題が起こるのがある程度あるそうです。戻ってきたものを小田急のバッグ売り場にとりに行ったときは、何を言っても無駄と分かっていたのでそれ以上反論はせず、「もう2度とこのブランドのは買いません!」と言って帰ってきました。苦情を言うのってそれだけでストレスですよね。
今回のバッグはヨーカドー行くときとか普段に使うしかない。ほんとは見たくもないけどね!

今はニナリッチの合成皮革のほぼ同じ形のを使っています。ヴィトンの合成皮革のも丈夫ですよね。2つもっていますが。これからバッグを買うときは、よほど気を付けて、さらに高いものは買わないように気を付けます。かなりいやな気分のバッグ騒動でした、、、

人形の話に戻って、、、
まだしばらく無理はしないようにしたいので、Tロマンさんの春の展示会は不参加ですが、秋野はもちろん参加いたします。それ以外にも4月あたりからは飾りやすい大きさのフレンチドールなども
お洋服を着せて完成させていきたいと思っています。
[PR]
by jundoll | 2017-02-22 11:13 | Comments(0)