<   2017年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

お知らせ:神戸ドールミュージアムに於ける展示会

旅行記の途中ですが(ちょっと病院の検査とかありまして、旅行記の方の再開はあすくらいから・・・です)、神戸ドールミュージアムでの展示会のお知らせをいたします。 私は大きい(53cm)のAT9(ヴァージニアのモールドにて制作)を出品いたします。案内状です。
b0075429_14214684.jpg
期間: 2017年10/21(土)~11/5(日)
時間: 10~19時 (水曜は定休日)、11/5の最終日は16時まで
場所: 神戸ドールミュージアム 1階ショップ正面 リプロ展示コーナー
     〒650-0021 神戸市中央区三宮町3-1-17  Tel. 078-327-4680
    http://timeroman.com/
販売方法は上記のサイトで、ショップブログをご覧ください。

ぜひ神戸にお人形に会いに行らしてください。お人形達がお待ちしております♪♪♪










[PR]
by jundoll | 2017-10-14 14:30 | Comments(0)

イギリス旅行 #2

3日目は列車でRyeの街へ。
今回はAshfordまで、新しくできた高速鉄道を使ってみました。速い! でもでも・・・乗り換えの待ち時間が超長い、、、 仕方なくホームでボーっとして待ちました。
途中の車窓のには羊や馬、牛がのどかに草を食んでいるイギリスらしいのどかな風景が流れていきます。やっとRyeに到着。結構寒め・・
この街に来るのはこれで4,5度目。時の泊まったような街並みについつい惹かれてしまうのです。
Ryeの駅。かわいらしくもイギリスらしくちょっと風格があります♪
b0075429_19160739.jpg
この街は、昔は海沿いだったようで、今は海から少し離れていますが、昔の名残で海が近いことが、飛び交うたくさんのカモメからわかります。
坂道だらけ・・
b0075429_19161942.jpg
マーメイド通りには、以前泊まったことのある、とても古い宿(ホテル)、チューダー朝の造りのマーメイド・インが。マーメイドが描かれた、鋳物のハウスサインが下がっています。これ、来るたびにいつもみるなぁ・・・
b0075429_19163102.jpg
b0075429_19162783.jpg
寒いのとおなかの調子がもう一つなので、早めにランチを、、と。以前に通りかかって目を惹かれた、とてもかわいらしいコブルズ・ティールームをやっと探して入ろうと思ったら、なんと今日は締まっていました。ゲーッ!!
持って行った地図で場所を確認して、もう一つよさそうなサイモンズ・パイマンという伝統のある古いカフェに入りました。混んでいてちょっと待たされました。なかなか雰囲気のいいお店です♪
b0075429_19163554.jpg
b0075429_19164098.jpg
b0075429_19164889.jpg
特に店の中の暖炉はかなり古いものだそうです。お腹と相談して、ほんとうはもっと重たい(?)ものを食べたいけど、一番軽そうなパニーニを注文。紅茶はイギリスは硬水のせいか、どこでいただいてもとてもおいしいです。
こういうカフェは食べることと同時に、お店の中を見回したり外を通る人を眺めたり、、と何となくぼーっと歴史あるイギリスの田舎感を体でも心でも体感する贅沢さ。最高です。
歩き回った疲れもちょっと取れて、今度は川沿いのアンティークショップの集まっている辺りへ。登記を扱っている店が多いような気がしました。こういう雑多感、大好き。超ツボです♪
b0075429_19165191.jpg
最近は、買うというより、ここと思った店の中のアンティークたちを物色しつつうろうろするのが楽しみ。人形によさそうな小さなピッチャーとティーポットのようなのを2つ買っただけでしたが、満足でした。
旅はまだ始まったばかりなので疲れが残らないよう、早めにまた列車でロンドンへ。でも帰りの列車は高速列車でなく、さらに途中の駅で偉く長く停車したりで、本当に時間がかかってしまいました。

オクスフォード・ストリートの「Wasabi」で簡単なお寿司を買い、スーパーで水とカットフルーツを買って、ホテルの部屋で夕食をしました。夕食はいつもこんなもん・・
TVでのんびりと「ポワロ」を見ました。セリフがあまりに早いので、字幕を出したら、すぐ消える字幕をこちらも超スピードで追って、実はのんびりでないTVタイムになりましたが。ロンドンへ来ると久々に英語のシャワーを浴びること。

またロンドン市内でのこと、コッツウォルズへの旅行のことも書きますね。











[PR]
by jundoll | 2017-10-03 19:51 | Comments(0)

イギリス旅行 #1

先月半ばから10日間、イギリスに行っていました。今回もロンドンに滞在し、1日は郊外の町Ryeへ、1日は(こっちは1泊)コッツウォルズのボートンウォーターへ足を延ばしました。ミュージカルは、ドゥルリーレーン・シアターの42nd Street を鑑賞。
やりたいと思ったことはほぼできた旅行でした。
出かける前に人形の顔をかなりの数タッチアップして焼成したりと、かなり忙しく、旅行前の大掃除もあり疲れからか、旅行中はお腹の調子がちょっと良くなくて、思いっきり食べたいものを食べられなかった以外は、、、(^^♪

9月13日のロンドン行きJAL便のプレミアムエコノミーで(去年に続いて奮発しました)、一路ロンドンへ。入国審査は思いのほかすいていて、スムーズでした。
やはり今回ちょっと奮発して、リバティー(リバティープリントで有名なリバティー本店。地下鉄オクスフォード駅からすぐ)の斜め向かいのホテルに滞在しました。ホテルの入り口から出ると、リバティーがこんな風に見えます。いかに近いか、、、
b0075429_16212858.jpg
booking.comで予約しました。一応5スターのホテルですが、まあ5スターと言えるのはロケーションのみ。建物が古く、スタッフもあか抜けてないというか、、、 部屋はこんないい場所にある割にはかなり広かったです。お風呂のお湯がふんだんに出て、シャワーも使いやすいのがかなりの〇ポイントでした。あ、お値段はもちろんよく知られている一流の5スターホテルよりはずっと安いです。それでもロンドンのホテルは高いなぁ・・・
いつもはいろいろなところへ行くのに地下鉄を多用しますが、今回は徒歩でもかなり用事が足りました。地下鉄は、日本のSUICAみたいな
オイスターカードを購入。SUICAと同じようにいつでもチャージでき、去年まで買っていた1day travel cardなどよりかなり割安です。

到着して次の日は、なんとなくホテル回りなどを歩き回り、、、ロンドンの雰囲気に浸ります。というよりフライトの疲れとか出たのか、到着翌日はなんかだるーーかった( 一一)です。
b0075429_16221036.jpg
到着2日後からは、元気も取り戻し、いろいろなところへ行く気満々でしたが、部屋で朝食をとりながらBBCのニュースを見ていると、「パーソンズグリーンの駅にとまっている地下鉄の中で何回か爆発があった模様で人々がに手間取っているようです」・・と。
スタジオでも何が起きたか、テロなのかどうかも把握しきれてないようで… ディストリクトラインは、ウィンブルドンのほうに行く、どちらかというと郊外に行く線で、以前に2こ隣の駅に近いホテルに泊まったことはありますが、、、  
なんだか恐る恐る出かけました。この日は地下鉄にちょっと乗車。
b0075429_16213442.jpg
b0075429_16214297.jpg
スマホの情報ではやはりテロのようだと知り、地下鉄車内では頻繁に、「不審物があったらすぐ駅員に知らせてください!」とのアナウンスが。
心なしかみななんとなくきょろきょろと周りの乗客をうかがっているような、、、 ディストリクトラインは事件のあったあたりは地上を走っていますが、こんな地下でなんか爆発でもあったら本当に大惨事に。逃げるところもありません。
b0075429_16222199.jpg
夜ホテルに戻ってまたニュースを聞くと、やはりテロ確定のようで・・・ 明日からは街中や駅にけいさつかんがあふれるだろうな、、、と。
しかし予想に反して次の日からも、リージェントストリートなどの繁華街にも、せいぜいところどころに警官が立っているのみ、、
あ、元の投稿を編集していたらなんか同じ画像が2つになっちゃいました…"(-""-)" 消せないし…
b0075429_16222199.jpg
オクスフォード・ストリートの地下鉄の駅にも、2人一組の警官が、一組いただけでした。何かあるとすぐ自動小銃を携えた兵士が駅や街中に出現するパリとは大違い。イギリスは国内向けの諜報機関の仕事もすごいらしいから(盗聴、監視カメラなど)、ほどなくして6人ほどの実行犯や関連犯が捕まったようです。
夫へのメールや友達とのグループラインも、その日はそのことばかりになりました。
まあ、怖がっていたら何もできないし、、、 残りの日程も普通にこなそうと決めたのでした。

画像も少しずつアップしていかないと、書いた文章さえよく消えてしまうので今日のところはこの辺で。田舎町への日帰り&1泊旅行のことなどはまた書きます。

10月の神戸のタイムロマンさんの展示会用のお人形は、先ほど画像をお送りしました。53cmの大きいサイズのAT9。私なりに渾身のさくです。いつもそうですが♪









[PR]
by jundoll | 2017-10-01 16:46 | Comments(0)