<   2018年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

猛暑の夏休み

今年の夏は梅雨明けが異常に早く、さらに猛暑(というか酷暑)が続き、本当に体調のいい日が少ないような夏休み期間でした。
職場の仲間も調子を崩す人が多く、入院、高熱、お休みなどの人が立て続けでした… もう勘弁してくれと言いたいですが、まだ36度。こんなんでは東京も(日本全体も、、、)住めなくなってしまいますね。猛暑にやられる毎日です…(´・ω・`)

そんな中でも、結構楽しく過ごしていました。孫の小3のT君を何日かお預かり。恐竜大好きのT君と「ジュラシックワールド」を見に行った時はこんないでたちで着て笑えました。長男(彼にとってはおじちゃん)がUFOキャッチャーでとってくれたティラノのリュック背負って。なかにはもちろん小さい恐竜を詰め込んでいます。なんともかわいくてこのリュック大好き!
b0075429_11374539.jpg
エスカレーターでは、追い越していくお姉さんが微笑みながらティラノ君の頭をつんつんしていきました。映画、彼も私も楽しめました♪
夏休みも終わりに近づいた先週は、ディズニー・ピクサーの「インクレディブルファミリー」にも連れて行き、家では恐竜遊びに付き合い、庭では水鉄砲、おじちゃんとは夜中にそばの公園にカブトムシ取りと、、、 彼にとってはいい夏休みになったと思い、嬉しい気持ちです。学校がもう明日から始まるようです。

8月のお盆休みには、T君の家族とベトナムの海辺のリゾート地、ダナンへ。(長男はお盆を避けて、9月とかにアフリカ、南アメリカと様々なところへ行く自由人です♪)
今回の宿泊はフラマリゾートダナン。風格のある立派なホテルで、広大な敷地内にはホテル棟やコテージ、ラグーンプールと海辺のプール、たくさんのレストランがあり、プルメリアやハイビスカスが咲き誇っている南国らしい雰囲気。前にはひろーーーいプライベートビーチ。夜にはビーチにランタンがともされてなんとも幻想的♪

b0075429_17143265.jpg
b0075429_17142673.jpg
b0075429_11260310.jpg
b0075429_11255874.jpg
ロビーではお出迎えのドラゴンフルーツのジュース。あっさりしていて何気においしい… ここでゆったりとチェックイン手続きを待つのですが、ロビーは東京の昼間と同じ暑さとすごい湿気、、、 汗だらだらです(´・ω・`)  お部屋へのチェックイン手続き、やたらと時間かかるし…
ロビーわきのチェアで。一人で座ってるNちゃんのドレスは去年リバティーの生地で作ってあげました。今年は丈もはちょうどいいかな、、、
b0075429_13105540.jpg
b0075429_11262424.jpg
ロビーの先から海を眺める。向こうに見える海との間には、四角いプールもあります。両側の建物はレストランやバー。
b0075429_13045544.jpg
ホテルのプライベートビーチは人も少なく、いつも静かで穏やかな雰囲気
b0075429_11262859.jpg
b0075429_13051293.jpg
ちょうどパラセールやバナナボートを楽しんでる人たちもいました。とにかく人が少なくて、日本の海水浴場とは大違胃で、ちょっと贅沢気分。泳いでいる人はあまりいない、、、 白人の人たちは結構デッキチェアで肌を焼いていました。いいのか、、、?
こっちは砂浜からホテルを見た風景。このオーシャン側のお部屋の一つが私たちの部屋でした。
b0075429_11263946.jpg
ホテルのラグーンプールは、木々に囲まれ、私は木陰のチェアでいつもの旅行のごとく本を読んだりはしゃぐ孫や息子たちを眺めたり。バリのように、茂みから出てきたりプールを泳いで渡る水オオトカゲはいませんが☺ 子供たちって本当にプール好きですね♪
b0075429_11260795.jpg
私は水に入らないので、よけいに水被ったみたいに汗かいちゃいます。
b0075429_11261140.jpg
b0075429_13050573.jpg
b0075429_13050573.jpg
このプールも日本のプールのように人は多くなく、ゆったり楽しめます。お客さんは日本人、中国人韓国人が多いかしら。白人の旅行客も結構います。ホテルのスタッフでよく話した、とーっても優しく親切なガブリエラさんはハンガリー出身。フロントでスタッフたちと英語でいろいろ話したら、「日本人はほとんど英語通じなくて、、、あなたは上手ね」と喜ばれました。ちょこっと自慢です。一応通訳ですから当たり前? あ、でも日本人スタッフがいつも2人いるので、そういう意味では日本人にとっては安心なホテルなんです。

ホテルの中にはいろいろなレストランがあって、朝はビュッフェ。果物屋シリアル、パン、パンケーキなど豊富。麺好きのT君は、毎朝必ずベトナムフォーの麺を何杯も食べていました。フルーツは豊富にありますが、日本の果物はさすが、、、とおもったのが、現地のフルーツはそんなにみんな甘くなかったことです。
これは夕食で行ったシーフードビュッフェ。これらのシーフードをお皿に入れて鉄板のところに持って行って焼いてもらいます。口にレッドペッパーを差し込んである後ろにあるのがロブスター。なかなか豪快な鉄板焼きです。
b0075429_11380748.jpg
こんな感じのお食事も変わっていて楽しいものです。いつもちゃっちゃっと食べる夕食と違い、どの晩もゆっくり食事を楽しめました。
一回、8歳のT君が、疲れすぎて(昼間遊びすぎて)、ご飯のボールに顔半分突っ込んだまま寝てしまって大笑いでした。2,3歳ならわかるけどねぇ、、、疲れが半端なかったんでしょう。
b0075429_11262091.jpg
これはホテルの外のベトナム料理のお店に出かけて行った際の夕食。木などに飾ってあるランタンがとてもきれいです。孫たちはちょっと疲れ気味、、私も。でもベトナムに来たからには、こういうところでこういう雰囲気でベトナム料理を食べたかったので。ホテルの雰囲気もこういうレストランもなんかバリのそれにすごく似てると思いました。すべてバリよりはお安くてリーズナブルですが。

ホテルでは毎日無料でアフタヌーンティーを楽しめるので、あまり出かけない私たち夫婦は頻繁に利用していました。中国茶などもおいしかったなぁ。雰囲気良いし
b0075429_13050956.jpg
b0075429_11261631.jpg
右上のジャスミン茶がとてもおいしかったです。氷の浮かんでるアイスティーは歯が解けそうな甘さでギブアップ。もちろんサンドイッチやスコーンなどもありましたよ。ベトナムはフランス領だったので、お料理とかレストランとか何気に洗練されていてヨーロッパ風で素敵だったりするんです。

息子たちと一緒に行ったスーパーでは色とりどりのトロピカルフルーツが。
b0075429_11264503.jpg
魚売り場には、珍しい魚や、小さめのエイなんてのも並んでいました。孫らはちょっとしたおもちゃ買ってもらって大喜び。フィリピンのセブなどと比べると、近くのスーパーマーケットやモール(ショッピングセンター)はとてもきれいで、特にモールはまるでイギリスのモールのようです。安心して歩きまわれます。

元気な息子たちは、車で30分ほど行った、ベトナムの古い、ランタンで有名な街であるホイアンにも行きました。私たちも誘われたのですが、今回の旅行はなんか元気が出ずパス。
特に暗くなってからが最高だったようで、川でボートにも乗ったそうで、うらやましい(?)画像がいっぱい送られてきました。あー、ほんとに元気な時にもう一度行ってすべてリベンジしたい!!
b0075429_13053112.jpg
いいなあ、、、この景色!自分の目で見たかったです!! 1年じゅうお祭りみたいな雰囲気の街のようです。すっかり観光地化してるようですが、なんか古き良きアジアの趣…
b0075429_13053547.jpg
アジアリゾートというと、スパですが、ホテル前の割合きれいなところを予約して夫といってみました。90分で4000円くらい。
物凄く力の強いマッサージで、「ひー!!」とさけぶこと数えきれず。弱くしてといってもなんだかやたらと腕力強いおばさんたちでした。気持ちよかったですが、、、
スパ好きな息子は、怪しげで超安いところも含めてなんと5回も行ったとか、、、 若いころから慎重でリゾート地でもあまりバンバン出歩かない私たちとは違っていて、すごいです!!

そんなこんなで4泊6日の旅行も無事終え、孫も明日から新学期。とにかく尋常ではない暑さに翻弄された夏休みでしたが、孫たちとそれなりに夏休み気分も楽しみ、何とか私も倒れずに乗り切り、いい夏だったのかなぁ・・・と。まだまだ残暑は続いていますが。

来月はロンドン。お盆休みをとらない長男はやはり来月にモロッコに行くそうです。毎年アフリカ、中南米、ロシアととんでもない(?)私だったら決して行かないようなところばかりに行く長男です。 まあとにかくうちはやっぱり海外旅行好きな一家なようです。
ロンドン行く前にドレスを一つ、形付けないと。そのためにも暑さがもうちょっと収まってほしい今日この頃です。






[PR]
by jundoll | 2018-08-26 11:47 | Comments(0)